屋根裏に棲みつくねずみ駆除には

日本には昔から、家ねずみと呼ばれる種類が人間の生活圏内に棲息して、様々な被害をもたらしてきました。
家ねずみには3種類ありドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミです。
それぞれに特徴があり、ドブネズミは大型で体長が20cm以上あり低く湿りだけのある場所を好みます。

主に、下水道管や床下に棲みつき非常にどう猛なので注意が必要です。

屋根裏のねずみ駆除がどんなものかご存知ですか。

屋根裏に潜む種類は、クマネズミで20cm程度の体長で警戒心が強いのが特徴です。高い場所を好むので、都会ではビルの壁を登り天敵の少ない所に棲みついたりします。
電線を伝うのも得意として、器用に渡り移動範囲を広げます。



屋根裏へは少しの隙間からでも侵入するので気がついた時には、繁殖しているケースも少なくありません。
屋根裏での存在が確認できたら、速やかにねずみ駆除をする必要があります。


ねずみの体にはダニやノミなどの寄生生物が付着しており、増殖して人間の生活圏に侵入する恐れがあります。

また、様々な病原菌を媒介する生物でもあるので非常に不衛生となります。


ねずみ駆除には、ホームセンターでもアイテムが売られており業者に頼む事なく駆除も可能です。
見るのも触るのも嫌な方には、超音波式のねずみ駆除機器があります。
ねずみの嫌がる周波数を発生させて追い出すのが目的です。
安価な商品より少し無理しても1万円以上の機器を選ぶ事がお勧めです。
設置には、超音波のシャワーがねずみに降り注ぐようにセットするのがポイントです。